中断証明書の使用方法

| 未分類 |

}PgžxQ

 

 

どういった理由蚊によって、自動車自体が一時的に不要となったり、廃車やリース返却によって車がなくなったり、海外に暫く渡航するという場合に、自動車保険加入の対象車がなくなっても、きちんと手続きを行って解約をすれば、再び自動車保険の契約するときに以前の契約の等級をそのまま引き継ぐ事ができます。

 

この手続きは、「中断証明書を発行してもらっておくこと」です。

 

これがあれば、最長10年間は再び契約することとなっても、以前の等級からスタートすることが出来ます。

 

7等級以上であればそれにりに引き継げればお得ですし、長年安全運転に心がけていると等級は大きくなっています。

 

新たに契約して低い等級からスタートしなくて済みますので、この証明書を活用しましょう。

 

発行の条件には、解約日や満期日までに廃車や譲渡、リース会社への返還などの手続きが完了していることやそれまでに車検証の有効期限が切れて車検を継続して受けていないこと、7等級以上であることなど、他にも様々ありますので、自動車保険会社の担当者に問い合わせを行っておきましょう。

 

また発行されてこれを利用する段になったときには、中断日から10年以内であることを確認し、新しい対象となる車の取得から1年以内であること、中断前後の所有者や被保険者が同じであることなど、これにも様々な条件があります。

 

滞り無く利用するためには、前もって問い合わせを行って確認していくことが重要です。